000000
i m p r e s s i o n

< 最初から見る


 デジカメ・スケッチ「印 象」


2015/1〜3 2015/4〜6 2015/7〜9 2015/10〜12 2016/1〜3 2016/4〜6 2016/7〜9 2016/10〜12 2017/01〜03
2012/1〜3 2012/4〜6 2012/7〜9 2012/10〜12 2013/1〜3 2013/4〜6 2013/7〜9 2013/10〜12 2014/1〜3 2014/4〜6 2014/7〜8 2014/10〜12
2009/1〜3 2009/4〜6 2009/7〜9 2009/10〜12 2010/1〜3 2010/4〜6 2010/7〜9 2010/10〜12 2011/1〜3 2011/4〜6 2011/7〜9 2011/10〜12
2006/1〜3 2006/4〜6 2006/7〜9 2006/10〜12 2007/1〜3 2007/4〜6 2007/7〜9 2007/10〜12 2008/1〜3 2008/4〜6 2008/7〜9 2008/10〜12
2003/1〜3 2003/4〜6 2003/7〜9 2003/10〜12 2004/1〜3 2004/4〜6 2004/7〜9 2004/10〜12 2005/1〜3 2005/4〜6 2005/7〜9 2005/10〜12

2017年
1月〜3月

更新日:2017.02.26(日)



2017.02.29

2017.02.28

2017.02.27

2017.02.26

2017.02.25

2017.02.24

2017.02.23

2017.02.22

2017.02.21

2017.02.20

2017.02.19

2017.02.18

2017.02.17

2017.02.16

2017.02.15

2017.02.14

2017.02.13

2017.02.12

2017.02.11

2017.02.10

2017.02.09

2017.02.08

2017.02.07

2017.02.06

2017.02.05

2017.02.04

2017.02.03

2017.02.02

2017.02.01

2017.01.31

2017.01.30

2017.01.29

2017.01.28

2017.01.27

2017.01.26

2017.01.25

2017.01.24

2017.01.23

2017.01.22

2017.01.21

2017.01.20

2017.01.19

2017.01.18

2017.01.17

2017.01.16

2017.01.15

2017.01.14

2017.01.13

2017.01.12

2017.01.11

2017.01.10

2017.01.09

2017.01.08

2017.01.07

2017.01.06

2017.01.05

2017.01.04

2017.01.03

2017.01.02

2017.01.01

2015/1〜3 2015/4〜6 2015/7〜9 2015/10〜12 2016/1〜3 2016/4〜6 2016/7〜9 2016/10〜12 2017/01〜03
2012/1〜3 2012/4〜6 2012/7〜9 2012/10〜12 2013/1〜3 2013/4〜6 2013/7〜9 2013/10〜12 2014/1〜3 2014/4〜6 2014/7〜8 2014/10〜12
2009/1〜3 2009/4〜6 2009/7〜9 2009/10〜12 2010/1〜3 2010/4〜6 2010/7〜9 2010/10〜12 2011/1〜3 2011/4〜6 2011/7〜9 2011/10〜12
2006/1〜3 2006/4〜6 2006/7〜9 2006/10〜12 2007/1〜3 2007/4〜6 2007/7〜9 2007/10〜12 2008/1〜3 2008/4〜6 2008/7〜9 2008/10〜12
2003/1〜3 2003/4〜6 2003/7〜9 2003/10〜12 2004/1〜3 2004/4〜6 2004/7〜9 2004/10〜12 2005/1〜3 2005/4〜6 2005/7〜9 2005/10〜12

グラフィックデザイナー「ぼく」の
日常行動空間の中で眼にうつるものを
デジタル・カメラでスケッチしようと思いたった。
題して“印象”。
日常の行動空間は、ぼくに何を見せてくれるのだろうか。
ぼくに何を語りかけてくれるのだろうか。


「印象」の由来

19世紀フランス。サロン芸術と決別し、自由な感性で新たな芸術を目指すグループがいた。この革新的グループの第1回展覧会に画家モネは「印象・日の出」を出品し、このことから彼らは「印象派」と呼ばれるようになる。物事を感じたまま平面に定着させる行為の象徴として、この「印象」という言葉をもちいた。


photo by t.kurosaki
copyright (c) 2003-2017 tamotsu kurosaki all rights reserved.

ご感想をいただけるとうれしいです。
[メールは:info3@amans.com へ]


home